google.com, pub-3150287218087504, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 
  • yoko kambayashi

難聴が認知症のリスクを高める?

更新日:8月11日

先日ニュースで、「難聴」が「認知症」のリスクを高めることがわかってきたとありました。


そのリスクは、軽度の難聴でおよそ2倍、中等度で3倍、重度難聴ではおよそ5倍になると言われています。



難聴により「音の情報自体が入ってこない」ことで、脳の活動そのものが低下し、認知機能に影響を与えると考えられています。


難聴になると、会話に消極的になり、行動範囲が狭まり、結果としてコミュニケーションの機会が減少するという悪循環に陥ります。


認知症の予防のためにも、難聴をまず気をつけたいですね。

そして、難聴の恐れがあれば検査に行くようにしましょう。


閲覧数:1回0件のコメント