google.com, pub-3150287218087504, DIRECT, f08c47fec0942fa0 金融商品の仕組み | 100年時代.com

100年時代の老後の準備のための代表的な商品

  • ​目標時期を明確に設定できる

  • 解約しづらい

  • 長期間になるので、インフレ対応(現在(2019年)であれば2%程度)ができている商品

  この条件に合う

​  「変額年金」「外貨建て養老保険(終身保険)」「投資信託」

      とはどのような仕組みの商品でしょうか。

​変額保険(有期型)

満期時に満期保険金が基本保険金を上回った場合

満期時に満期保険金が基本保険金を下回った場合

資産を株式や債券を中心に運用し、運用の実績によって保険金や解約返戻金が増減する保険のことです。

大きく分けて、保険期間が一定の「有期型」と一生涯保障が継続する「終身型」の2タイプあり、 死亡したときには、基本保険金+変動保険金を受け取ることができます。基本保険金額は運用実績にかかわらず最低保証されるため、変動保険金がマイナスになった場合でも基本保険金額は受け取ることができます。

有期型の場合、満期をむかえると満期保険金を受け取ることができますが、その金額は資産運用の実績によって変動し、最低保証はありません。したがって、運用実績により基本保険金額を上回る場合もあれば下回る場合もあります。

解約時に受け取る解約返戻金には、最低保証はありません。

​※出典:仕組み図を含め公益財団法人生命保険文化センターHPより抜粋

​目標時期を明確に設定できる→/ 解約しづらい→/ インフレ対応ができている→

変額保険は、長期的な運用に適しています。

〝保険〟とついていることからもわかるように、万が一の場合には基本保険金として死亡保険金は保証されています。

その分、満期保険金として受け取る場合は、運用成績によって払込元本を割り込むリスクもありますが、保険料の支払いに関して、ドルコスト平均法など長期的な視野でみてそのリスクを分散するなど、リスク軽減の方法もあります。

​外貨建て養老保険(終身保険)

≪外貨建て養老保険の仕組み図≫

「外貨建て養老保険」とは、文字通り「外貨」で運用される養老保険です。

保険の仕組みは円建ての通常の保険と同じで、養老保険に加え、終身保険などもあります。保険会社によってルールは様々ですが、保険料の支払いや満期保険金の受け取りなど基本全てドルベースとなっています。よってドルベースでは全て当初の予定利率で運用され、死亡保険金はもちろん、満期保険金の元本はドルベースでは保証されています。

予定利率も通常の保険と比べ利率も高いため人気も高く、保障目的に加え、資金運用目的で購入している人も多いようです。超低金利が続いている中、預貯金に代わる資産運用商品として注目が集まっています。外貨の種類は保険会社により異なりますが、米ドル以外にも、ユーロや豪ドルがあります。

​目標時期を明確に設定できる→/ 解約しづらい→/ インフレ対応ができている→

外貨建て養老保険は、長期的な運用に適しています。

外貨建ての保険商品を契約する場合には、メリットとデメリットをきっちりと確認して理解する必要があります。

メリットとしては、①一般の生命保険商品に比べて高い予定利率、②為替差益の享受、⓷相続対策に有利、④節税効果がある、など

デメリットとしては、①円に転換した場合、元本割れのおそれがある、②カントリーリスク、③為替手数料がかかる、など

​です。メリットである相続対策に有利だったり節税効果などは、生命保険商品のメリットでもあります。

変額保険同様、満期保険金として受け取る場合は、為替水準によって払込元本を割り込むリスクもありますが、保険料の支払いに関して、長期的な視野でみるとそのリスクは分散されているなど、リスク軽減の方法もあります。

投資信託

老後の資金づくりには、安全に貯蓄することに加え、まとまったお金を運用に回すことも考えたいところです。

これまでに貯めてきた貯蓄や両親などから相続した資産など、ある程度の資金が手元にあるという方も少なくないかもしれません。そういった方は、金融商品を活用することのによって、資金をより効率的にかつを加速して増やすことを目指せます。

また、老後に向けて資産を守るという観点でも、資産運用を検討する必要性は高いといえます。

​目標時期を明確に設定できる→/ 解約しづらい→/ インフレ対応ができている→

投信の一番の魅力は、投資先を分散できるという点です。

資産運用というと少し怖いイメージを持つ方も多いと思いますが、投資信託はプロが多数の銘柄に投資して運用するので、個別銘柄の株価が大きく下がっても、その影響は限定的です。

とはいえ、投資信託には「ハイリスクハイリターン型」や「ミドルリスクミドルリターン型」「ローリスクローリターン型」等様々な種類がありますので、老後資金として検討する場合、投資したお金が大きく減らないよう、リスクは抑えて安定的な商品を選択したほうがよいと思います​。

※出典:一般社団法人投資信託協会HPより抜粋

Call us 03-4530-6065

本ホームページ内には、保険商品等金融商品の情報や医療などに関する情報が提供されていますが、これらはあくまで一般的な情報をもとに当社で作成したものであり、商品の販売などを目的にしているものではありません。また、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性等に関し、いかなる責任をもつものではありません。

​購入または契約に際しては、各販売資格保有者から各個別商品の詳細などをご確認の上、ご自身のリスク判断に基づきご対応ください。

Copyright © 100年時代.com All Rights Reserved.