google.com, pub-3150287218087504, DIRECT, f08c47fec0942fa0 介護業界 | 100年時代.com

「グローバル化」や「IT化」、そして「100歳時代と言われる高齢化」。今起きている社会構造の変化は、人々の働き方やキャリア形成のあり方を従来のものから大きく変えていきます。

このような大きな変革の時代に充実した人生を送るためには『LIFE-SHIFTへの挑戦』が不可欠でしょう。画一的な人生設計は過去のものとなり、今まで身につけたスキルが意味をなさなくなってしまうかもしれません。

100年時代の『多様化を前提としたマルチな人生設計』への準備・トライが必要です。

「100年時代」におけるキャリア

少子高齢化が進む現代、働く期間は50年~60年と長くなっていく一方、市場は成熟し、ITやAI、IoTの進化に伴い、仕事や会社の寿命は短くなっていくという様々な矛盾を抱える社会が到来しつつあります。
私たちは、働き方や人生設計をどのように変えていかなければならないのか。あるいは社会や企業、そしてその中にいる私たち個人は、どのように変わることを求められるのか。

「100年時代」という言葉を提唱したリンダ・グラットンは、著書『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』でこれからの「人生100年時代」を迎えていくにあたって特に重要性が増すものとして、以下の3つを挙げている。

➀ 教育(専門技能・知識をできる限り高め、世界中の競合との差別化することが必要)
② 多様な働き方(70才以上まで働くことを想定し、独立した立場での職業を考える)
③ 無形資産(お金だけでなく、経験や人的ネットワークといった資産が特に重要)

 

すでに起こり始めている、今まで誰も経験したことのない変化に取り残されないよために、戦略的かつ計画的に人生を設計し、キャリアを形成していく必要があると思います。

今まで言われてきた「キャリア」と人生100年時代の「ライフキャリア」とは、どう違うのでしょうか?

 

今までの「キャリア」とは、ビジネス上の経験や資格、スキルなどを指していました。またそれが非常に重要視されていました。

 

しかしながら、100年時代の「ライフキャリア」とは、ビジネス上のキャリアだけでなく、自己啓発により知識や教養を高めたり、仕事以外の幅広い関わりから得られるあらゆる経験の積み重ねを意味しています。

 

人生100年時代を自分の思い描く「楽しい100年時代」にしていくには、自分自身が目指す働き方でライフキャリアを充実させていくことが必要です。

お金だけでない無形の資産を積み上げていくには、社会の中で自分にしかできない貢献を提供していくことも必要になってくると思います。

​そういった中で、100年時代.comでは『介護業界』のキャリアを掘り下げてみたいと思います。

《介護業界》のキャリア

 

 

00歳時代と言われる高齢化社会を迎え、今後利用者の増加が見込まれる介護業界には、どのようなキャリアアップが考えられるでしょうか。

またはキャリアパスが用意されているのでしょうか。

​介護業界の資格から様々な実態を見ていきたいと思います。

→ 介護のキャリアはこちらから

Call us 03-4530-6065

本ホームページ内には、保険商品等金融商品の情報や医療などに関する情報が提供されていますが、これらはあくまで一般的な情報をもとに当社で作成したものであり、商品の販売などを目的にしているものではありません。また、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性等に関し、いかなる責任をもつものではありません。

​購入または契約に際しては、各販売資格保有者から各個別商品の詳細などをご確認の上、ご自身のリスク判断に基づきご対応ください。

Copyright © 100年時代.com All Rights Reserved.