google.com, pub-3150287218087504, DIRECT, f08c47fec0942fa0 がんを予防する | 100年時代.com

がんを予防する野菜

野菜に含まれる成分は、健康を維持するために大切なものばかりです。だからこそ楽しい100年時代を迎えるためにしっかり食べて、より健康になっていただくために、がんの予防効果も期待できるといわれる野菜を紹介します。健康のリスクは自分自身で解決できます。

にんにく ~Garlic~

にんにくは、米国国立がん研究所(NCI)の「デザイナーフーズ・ピラミッド」で最上位にランクされているほど優秀な野菜。にんにくに含まれるジアリルトリスルフィドは、がん細胞の増殖を抑え、寿命のある正常な細胞に戻してがん細胞を消滅させることがわかりました。にんにくを切ったりすりおろしたりすると、酵素の働きでアリシンという成分に変化し、さらにアリシンをオイルなどに溶かすとジアリルトリスルフィドに変化するので、がんの予防にはにんにくオイルやガーリックバターなどが最適です。

キャベツ ~Cabbage~

キャベツに含まれるイソチオシアナートというイオウ化合物が、がんの予防には効果を発揮。このイソチオシアナートは、ブロッコリーやわさび、大根などのアブラナ科の野菜に含有される辛味成分で、体内で酵素により活性化した発がん物質や環境ホルモンを解毒して不活性化させた後、細胞がいへ排出する作用を持っています。またキャベツは発酵させると、生の状態よりもがんを防ぐ有効成分が大幅にアップ。弱った胃の粘膜を強めて胃がんを防ぐビタミンUが14倍にも増え、大腸がんを抑える乳酸菌も増えます。す

トマト ~Tomato~

トマトに含まれるリコピンは、活性酸素を消去して体内の組織を守る作用があるので、心臓病やがんなどの生活習慣病を予防。最近は美肌効果もあるといわれています。リコピンの抗酸化作用は、カロテンの数倍以上といわれ、がんの予防効果が期待されているビタミンACE(エース)も含まれています。また、リコピンは生のトマトより加工品の方が2〜3倍も吸収しやすく、油に溶ける性質を持っているので、ホールトマトをオリーブオイルと摂るのが効果的です。

生姜 ~Ginger~

​生姜は古来から食用および薬用として馴染み深いもので、血行の促進と消化器系に対する強壮効果があることで、和食や中国料理の香辛料として幅広く使用されてきました。生姜の辛味成分に含まれているショウガオール、ジンゲロールには抗酸化作用があり、がんなどの原因となる活性酸素から体を守る働きがあるといわれています。さらに、発がん物質が引き起こす遺伝子の突然変異を抑制する作用(抗変異原性)も持っているため、がんの進展や再発の予防にも効果が期待できます。

健康日本21

厚生労働省では、21世紀において日本に住む一人ひとりの健康を実現するための施策として「健康日本21」を発表。その中に健康を維持すいるための「日本人の栄養所要量」の目標値が示されています。

  • 1日あたりの脂肪エネルギー比率を20〜25%にする。

  • 1日あたりの食塩摂取量を10g未満にする。

  • 1日あたりの野菜摂取量を350g以上にする。

  • カルシウムに富む食品(牛乳・乳製品・豆類・緑黄色野菜)の摂取量を牛乳・乳製品130g、豆類100g、緑黄色野菜120g以上にする。

  • 自分の適正体重を認識し、体重コントロールを実践する。

  • 朝食を食べる

  • 1日最低1食は、きちんとした食事を、家族2人以上で楽しく、30分以上かけてとる。

  • 外食や食品を購入するときに栄養成分表示を参考にする。

  • 自分の適正体重を維持することのできる食事量を理解する。

  • ​自分の食生活に問題があると思う場合は、改善に努める。

大豆 ~Soybean~

大豆は昔から良質なタンパク源として知られ、最近では健康管理に有効な数々の特効成分が含まれていることでも話題になっています。特に大豆に含まれるゲニステインというイソフラボンが、抗酸化作用や抗腫瘍効果を示すことが明らかとなり、大豆のがん予防効果の主な活性成分と考えられるようになりました。国立がんセンターの調査では、一日3杯以上味噌汁を飲む女性たちの乳がん発生率が、1杯未満の女性たちの0.6倍、つまり40%減少しているという結果が報告されています。

にんじん ~Carrot~

​にんじんはビタミンAの宝庫といわれ、上皮細胞を形成して機能を調整し、体内の粘膜を正常に働かす力があります。また、にんじんにはカロテンが豊富に含まれています。それが体内でビタミンAに変化して免疫力を高め、強い抗酸化作用で肺がんや胃がんを予防する効果があるといわれています。さらににんじんには、大腸の機能を高める不溶性植物繊維とファルカリノールが含まれているので、大腸がんの予防にも効果的な栄養野菜です。

玉ねぎ ~Onion~

​ねぎ族の野菜は食用だけでなく生薬として使用されるものも多く、玉ねぎも昔から薬用野菜として重宝されてきました。玉ねぎを切ると涙が出てきますが、これはアリルプロピオンという催涙物質が原因です。この刺激物質の中にある硫酸アリルという成分が発がん物質も抑制すると注目されている存在です。さらに玉ねぎに含まれているケルセチンには強い抗酸化作用があるため、動脈硬化やアルツハイマーのリスクを下げる可能性もあるといわれています。

ピーマン ~Pimento~

​ピーマンは、唐辛子の仲間でビタミンCたっぷりの緑黄色野菜です。その独特の辛味やにおいを嫌う人もいますが、辛味やに香りの成分にがんを予防する効果があるのです。ピーマンには高い抗酸化作用でがんや老化を防ぐβ-カロチンやα-カロチンも多く含まれている上に、ビタミンEも豊富で、細胞を活性酸素の害から守り、がん予防や老化防止に有効です。ビタミンCとビタミンEは一緒に摂取することで相乗効果を生むので、ピーマンの抗酸化作用はトップクラスです。

ブロッコリー ~Broccoli~

ブロッコリーはβ-カロテンやビタミンB群、ビタミンC、Eを多く含む他、カルシウムやカリウム、鉄などのミネラル、食物繊維も豊富に含まれていて栄養的にも優秀で抗がん作用の高い食材です。また、ブロッコリーに含まれているスルフォラファンには、発がん物質を解毒する作用があるといわれています。最近では、ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)が出回っていますが、これはブロッコリーの20倍ものスルフォラファンが含まれています。

カリフラワー ~Cauliflower~

​カリフラワーは100g中に81mgのビタミンCが含まれています。しかもカリフラワーのビタミンCは加熱による損失が少ないので ビタミンCの補給には最適な野菜です。カリフラワーには発がん抑制作用のあるイソチオシアナートをはじめ、がんや腫瘍の増殖を抑制するステロールや発がん物質を無毒化するインドール、発がん抑制効果があるフラボノイドの仲間フェノール、がんの増殖を抑えるメチルメサネサイホスルホネートなどを含有。がんの予防のため、寝るべく摂取したい食材です。

Call us 03-4530-6065

本ホームページ内には、保険商品等金融商品の情報や医療などに関する情報が提供されていますが、これらはあくまで一般的な情報をもとに当社で作成したものであり、商品の販売などを目的にしているものではありません。また、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性等に関し、いかなる責任をもつものではありません。

​購入または契約に際しては、各販売資格保有者から各個別商品の詳細などをご確認の上、ご自身のリスク判断に基づきご対応ください。

Copyright © 100年時代.com All Rights Reserved.