google.com, pub-3150287218087504, DIRECT, f08c47fec0942fa0
人は歳を重ねるにつれ様々なリスクが高まってきます。
その中でも特に注意しなければならないのが病気や怪我です。
これから迎えるさらなる高齢化社会に潜むリスクに対して、いかに備えるかを考える必要があると思います。
人は歳を重ねるにつれ様々なリスクが高まってきます。
その中でも特に注意しなければならないのが病気や怪我です。
これから迎えるさらなる高齢化社会に潜むリスクに対して、いかに備えるかを考える必要があると思います。

「健康寿命」をご存知ですか?

WHOが提唱した新しい指標で、平均寿命から寝たきりや認知症など介護状態の期間を差し引いた期間。

 

 

国連の世界保健機関(WHO)は健康寿命という新しい寿命の指標を取り入れました。これまでの平均寿命はいわゆる「寝たきり」や「認知症」といった介護を要する期間を含むため、生涯の健康な時期とに大きな開きがあることが指摘されておりました。

日本ではこの寝たきりの期間が欧米各国と比べても長く6年以上にわたります。
厚生労働省の掲げる「健康日本21」でもこの「健康寿命の延伸」を目的に種々の施策がなされています。

平均寿命と健康寿命の差

健康寿命:70.42歳

健康寿命:73.62歳

今後、平均寿命の延伸に伴い、こうした健康寿命との差がさらに拡大すれば、医療費等の支払い期間が増大することになります。疾病予防や健康増進と合わせて、健康リスクの備えも検討する必要があります。

Call us 03-4530-6065

本ホームページ内には、保険商品等金融商品の情報や医療などに関する情報が提供されていますが、これらはあくまで一般的な情報をもとに当社で作成したものであり、商品の販売などを目的にしているものではありません。また、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性等に関し、いかなる責任をもつものではありません。

​購入または契約に際しては、各販売資格保有者から各個別商品の詳細などをご確認の上、ご自身のリスク判断に基づきご対応ください。

Copyright © 100年時代.com All Rights Reserved.