google.com, pub-3150287218087504, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 
  • yoko kambayashi

歩き方で認知症かどうか分かるって本当?

更新日:9月8日

歩行速度の変化と認知機能には関連があることが分かっています。歩くという能力には、注意力、空間認識力、状況把握力などいくつもの認知機能を必要とし、歩行速度が落ちたり、ふらつきがある場合、認知機能が低下している可能性があると考えられます。



複数の研究結果もあります。たとえば、米国オレゴン健康科学大学の研究グループは、健康な65歳以上の約200人を対象に歩行速度の調査をしています。平均9年間の歩行と認知機能の関係性を追跡したところ、認知症予備群である軽度認知障害(MCI)と診断された人は、健康なグループに比べ歩行速度が遅くなっていました。すべての認知症で起こるわけではありませんが、最近、「一緒に歩いている人に追いつけなくなった」「ふらつきやすい」「転びやすい」といった自覚症状や、家族にこうした歩行の異変が見られたら脳神経内科の受診をおすすめします。

閲覧数:0回0件のコメント