google.com, pub-3150287218087504, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 
  • yoko kambayashi

50代でも増えている若年性認知症の原因と初期症状とは?

更新日:8月26日

若年性認知症は、64歳までに発症した認知症で、18歳から39歳までに発症した「若年期認知症」と40歳から64歳に発症した「初老期認知症」の総称になります。まだ少数ではありますが、診察していると50代で認知症を発症するケースは増えていて、近年、認知症は若年化している印象があります。


化学調味料が多く含まれるカップ麺や日持ちのするドーナツなどの超加工食品を日頃から食べている方が静脈硬化になり、それによって発症するケースが最も多いです。


若年性認知症の原因として次に多いのがアルツハイマー型認知症で、若年性アルツハイマーの場合、遺伝によるケースがあります。ただし、アルツハイマー型なら早期発見により、進行を遅らせる薬やリハビリテーションによって、生活できるだけの脳機能の維持が見込めます。



いずれにしても、健康な生活を心がけ早期発見のために40代から脳ドックを受けましょう。

閲覧数:3回0件のコメント