google.com, pub-3150287218087504, DIRECT, f08c47fec0942fa0
 
  • 100歳時代.com

軽度認知障害(MCI)

最近よく聞く言葉に『軽度認知障害(MCI)』という単語があります。


軽度認知障害(MCI)とは、正常に日常生活を送ることができる方と、認知症の方との間の状態です。

​認知症は、一般的には物忘れから始まり、記憶や判断能力などの認知機能が低下し日常生活に支障をきたす状態であり、軽度認知障害(MCI)とは、記憶力が低下しても、日常生活にはほとんど支障をきたさない程度の段階で、自立して生活ができる状態です。


さらに一番大きな違いは、改善するかしないか、です。


残念ながら認知症が発症してしまうと、それを改善することはできません。進行を抑えることが精一杯です。しかしながらこの軽度認知障害(MCI)は改善し認知症に至らない方も多くいらっしゃいます。


そのためにはやはり、早期発見が重要になってきます。その早期発見をできるのは周りの家族の方です。


思い立った時に離れて暮らしているご両親に電話をしてみてください。

認知症と戦うには、ちょっとした気づきが大切なんだろうと思います。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

全国銀行協会が下記のような指針を発表しました。 今般、一般社団法人全国銀行協会は、預金者ご本人の意思確認ができない場合における預金の引出しに関するご案内資料を作成いたしました。 預金者本人の意思確認ができない場合における預金の引き出しに関する資料 表面には、預金のお引出しには、原則として預金者ご本人の意思確認が必要ですが、預金者ご本人の生活費、入院や介護施設費用等のために資金が必要でお困りの際には