google.com, pub-3150287218087504, DIRECT, f08c47fec0942fa0
  • 100歳時代.com

最近の100年時代対応商品

最近「100年時代」を副題にした商品の発売が目立ってきている気がします。

以下、メットライフ生命保険という会社の新商品発売プレスリリースです。




「100年時代」や「老後」「介護」「認知症」など当サイトでも取り上げているワードが頻繁に出てきています。


安心で豊かな老後のための介護保障を備えた「ウェルスデザイン」発売

人生100年時代に向けた商品に加え、商品付帯サービスもさらに充実~

メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 会長 社長 最高経営責任者 エリック・クラフェイン)は、2020年2月3日から、米ドル建一時払終身保険「ウェルスデザイン」(正式名称:利率変動型一時払終身保険(米ドル建 介護保障型))を発売します。

「ウェルスデザイン」は、より安心で豊かな老後に向けて、充実した介護保障資産形成機能を備えた商品です。お申込みに必要な告知項目は、「公的介護保険制度における要介護(要支援)認定の申請歴の有無」と、「認知症または軽度認知障害の診断状況の有無」のみに限定し、既往歴のある方や健康に不安のあるシニア世代の方にもお申込みいただきやすくなっています。

人生100年時代』といわれるなかで、平均寿命健康寿命に差(※1)があるなど、多くの方が長生きすることで「お金」と「健康」への備えに不安を感じています。特に「介護」については、自分だけでなく、両親や配偶者の介護も含め、20代からすべての年代で共通する不安要因となっています(※2)。

本商品は、こうしたお客さまの意識にお応えし、要介護状態となった場合の介護保障に備えることが出来るだけでなく、老後の生活のために資産を増やすことや、万が一の際にはご自身の資産を家族に残すことができます。まさに人生100年時代のための「そなえる(介護ニーズ)」「ふやす(貯蓄ニーズ)」「のこす(相続ニーズ)」に応える商品です。

当社では2017年から「老後を変える」というテーマのもと、保険商品による保障の提供に加え、お客さまの健康で豊かな生活のサポートに取り組んでいます。昨年11月には商品付帯サービスを拡充させ、このなかで年中無休で24時間対応の電話サービス「介護相談デスク」を設けました。 また、「ウェルスデザイン」の発売にあわせ、認知症に関する相談や専門機関の情報を提供している「認知症相談デスク」において、新たに認知機能の状態を客観的に評価できる電話サービス「あたまの健康チェックⓇ」を追加します。「介護相談デスク」「認知症相談デスク」は、当社商品の被保険者とそのご家族にご利用いただくことができます(※3)。

メットライフ生命は、人生100年時代のための介護・貯蓄・相続ニーズに応える「ウェルスデザイン」の保障と新たなサービスを通じて、明るく豊かな老後の実現をサポートしてまいります。今後もお客さまの多様なニーズをさらに満たすよう、時代の変化に対応しながら、お客さまの人生のパートナーとして最も選ばれる生命保険会社になれるようつとめてまいります。

いかがでしょうか?

商品説明もありますので、どうしても同じ単語が多く表示されますが、まさに人生100年時代においては「お金のリスク」と「健康のリスク」が重点テーマだということが感じられるのではないでしょうか。


ご自身はもちろんご両親との今後の生活も含めて、自己の責任において色々と準備をしていかなければならないということですね。


※あくまで100年時代に向けての商品として参考までに、プレスリリースを取り上げました。この商品を推奨したり販売したりするものではございません。

Call us 03-4530-6065

本ホームページ内には、保険商品等金融商品の情報や医療などに関する情報が提供されていますが、これらはあくまで一般的な情報をもとに当社で作成したものであり、商品の販売などを目的にしているものではありません。また、その内容及び情報の正確性、完全性、適時性等に関し、いかなる責任をもつものではありません。

​購入または契約に際しては、各販売資格保有者から各個別商品の詳細などをご確認の上、ご自身のリスク判断に基づきご対応ください。

Copyright © 100年時代.com All Rights Reserved.