google.com, pub-3150287218087504, DIRECT, f08c47fec0942fa0
top of page
  • 100歳時代.com

「人生100年時代」予防したいのは認知症

サントリー食品インターナショナルが、「人生100年時代」に向けた意識調査を実施したそうです。その結果が公表されていました。

  その結果で「人生100年時代」をどう思っているのか、病気のリスクに対する意識など、実態が浮き彫りとなっています。


その結果を見ると

「人生100年時代」について「将来気をつけたい/予防したい症状」では、1位「認知症(48.2%)」で、「がん(45.4%)」を上回る結果になったそうです。サントリー食品インターナショナルは「人生100年時代に向けて健康寿命が重視され、生涯にわたって自立して"よく生きる"ことに対し意識が向いていることがうかがえる」と分析している、としています。


また、「気になっている健康に関するキーワード(病名、症状、健康法など)」では、「特になし/わからない(52.2%)」を除く1位は「高血圧症(15.1%)」2位「糖尿病/高血糖(13.8%)」5位「メタボリックシンドローム(7.7%)」など他の生活習慣病に関するキーワードが多かったようです。


人生100年時代に向けて、やはり健康寿命を意識されているようですね。


昔は「長生きすることはいいことだ」と言われていましたが、これから「楽しい100年時代」を迎えるにはやはち健康でいたいものです。


「健康のリスク」と「お金のリスク」


100年時代.comで一緒に考えていきましょう。


この記事は、サントリーインターナショナル様



閲覧数:6回0件のコメント

コメント


bottom of page